タイ中部のコーンケーン・カラシンに行ってきました

こんにちは、エアトリ・海外ツアーの企画担当です!

今回はタイで誰もが知っているバンコクプーケットではなく、東北部にあるコーンケーン県・カラシン県を訪れました。
コーンケーンは、東北部で2番目の大きさを持つ県で、南イサーン地区の経済の中心都市として発展した都市で、
最近では学園都市としても栄えています。
また、恐竜の化石が発掘されたことも有名で町のいたるところに恐竜のオブジェや博物館も建てられています。

カラシン県の視察とコーンケーンの夕食>
バーンポンプレワーシルク村の見学はシルクなどの販売もあっても良いかと感じますが、
昼食は地元の方が実際に食べているような料理でした。正直日本人には厳しい部分も。。。
恐竜博物館は規模は大きく、化石の発掘現場など見どころも沢山あるのですが、個人で訪れた日本人が内容を理解できるかは不安。

f:id:airtrip_staff:20190906171523j:plain
恐竜博物館
夕食のレストランは清潔感もあり、中心部からも近いので使い勝手はGOOD
料理内容はカエル揚げなど日本人には珍しいものもあり楽しんで頂く事ができました。
f:id:airtrip_staff:20190906172252j:plain
カエルの唐揚げ

<コーンケーン視察>
ワット・チャイシリ寺院は、子供が説明をしてくれたのですが、スピードが早過ぎて通訳が追い付いていけなかったのが少し残念。
その後、ミーキン・オーガニックファームを訪れ、トラクターでの移動やソムタム作りなど貴重な体験をしました
食事は前日までと同様にタイ東北部の料理が続いていたのでちょっと飽きた感が。。。辛い、辛い

f:id:airtrip_staff:20190906172419j:plain
ソムタム手作り体験

<最終日にちょこっとバンコク立ち寄り>
日中は、ナコーンパトムで蓮の池ボート体験!! 蓮の花が少し少なく残念
ランチの火山エビは、パフォーマンスとしては最高でしたが、その他の料理は普通。
午後は、パラゴンでの自由時間
1時間という短い時間ではとても周れない規模の大きなショッピングセンターで、待ち合わせ場所の案内をキチンとしないと迷子になる方が出てもおかしくないくらいの大きさにビックリ
夕方、出来たばかりのマハーナコーン・スカイウォークを訪れまたした。
最新スポットということで注目を集めていて出発前から興味津々
実際に高さ314メートルのガラス張りの上に立つと足がすくみじっとしていられない状態で貴重な体験となりました
夕食はICONSIAM内「Baan Khanittha Heritage」(バーンカニタへリテージ)レストラン
お店自体を貸し切って頂き贅沢な時間を過ごし、
料理はすべて手間をかけて作られていることが見てとれて、味も一級品でした
特にトムヤムクンは、今まで食べた中で一番美味しかったです。エビが大きくプリプリで「こんなの初めて」って感じ

<航空機に関して>
・国際線:タイ国際航空(TG)
 座席のピッチは特に狭さも感じず普通。機内食は美味しくはない。全体的に普通
・国内線:タイスマイル航空(WE)
 機体が古い感じがした 座席番号などはほとんど見えない  
 1時間弱のフライトだったので特に感じることもなく普通

<ホテルに関して>
・プルマン・コーンケーン・ラジャオーキッド・ホテル(Pullman Khon Kaen Raja Orchid Hotel
 広々とはしていたが全体的に暗いイメージ 水回りが弱い
 ホテルの周りはレストランなどは少ないが、コンビニが1件あり
 道を挟んですぐ横にクラブのようなお店があり夜中まで騒がしかった

<まとめ>
日本でも個人旅行が増えては来ておりますが、タイで言えばバンコクチェンマイくらいは行けるとは思いますが、今回訪れたコーンケーンはハードルが高いです。宿泊ホテルの前にもタクシーがほぼいないことや言葉の問題、移動手段など様々な課題があると感じます。例えば、恐竜博物館に行くにしてもガイドと車を付けるとしたらいくらになるのか?日本語ガイドもこの土地にはいないということなのでバンコクから同行したらかなりの金額になってしまうと感じます
自分では行かないような東北部の田舎町を訪問できたことは貴重な経験となりました

www.skygate.co.jp

サンフランシスコに行ってきました♪

こんにちは、エアトリ・海外ツアーの企画を担当です!!
前にはなりますが2019年2月にサンフランシスコ&ソノマに行ってきました!★

今回サンフランシスコまではユナイテッド航空を利用!
成田から直行便で約9時間半で到着です★
(その他、ユナイテッド航空は羽田、関空からも直行便が飛んでます!)

サンフランシスコに行く前のイメージは
ゴールデンゲートブリッジしか思いつかなかったですが行ってみると見どころたくさん!
今回のその一部になりますがご紹介いたします!♪

<観光編>
◆想像通りのゴールデンゲートブリッジ!
この日は天気も良く赤い橋が映えました。

サイクリングをしてる方もたくさんおり、
自転車で橋を渡り船で戻ってくるなんてことも出来るようです。

f:id:airtrip_staff:20190906123422j:plain
ゴールデンゲートブリッジ

◆アルカトラズ島
脱獄不可能と言われた監獄島。
サンフランシスコの行く際は是非行ってみて下さい。

f:id:airtrip_staff:20190906124507j:plain
アルカトラズ島

◆観光ではないですが、カストロ地区の虹色の横断歩道
カストロ地区を歩くと、目にも鮮やかなレインボーの横断歩道が!
このエリアは、LGBTの聖地とも呼ばれ、特にLGBTプライド月間である6月は街のいたるところでレインボーカラーを見かけることが出来るようです。

f:id:airtrip_staff:20190906124735j:plain
レインボーの横断歩道
f:id:airtrip_staff:20190906124452j:plain
レインボーの旗

◆ソノマ
アームストロング・レッドウッズ州立保護区でハイキング♪
1時間ほどでまわることができ、女子旅だけでなく家族で訪れてみるものおすすめです
f:id:airtrip_staff:20190906135220j:plain

f:id:airtrip_staff:20190906135208j:plain
緑豊かな自然と新鮮な空気でリフレッシュ

<移動編>
◆私が驚いたのは Uber での利用が日常なこと!
(本社もサンフランシスコにあります)
電車・バスでは時間がかかるという時にはUberサイトで近くの車を見つけ目的地までGO
大変便利で安く、料金も登録してるクレジットカードから引かれるので大変楽です!

f:id:airtrip_staff:20190906132611j:plain
Uber

◆ケーブルカー
坂が多いサンフランシスコはケーブルカーがいたるとこに
日本とは異なり立って風を受けながら乗車も出来ます!

f:id:airtrip_staff:20190906133453j:plain
ケーブルカー

◆その他
サンフランシスコCity Passで、お得に観光名所をまわることができます。
観光地の入場チケットが通常よりもお得に購入することができるほか、こんなにいいことがあります!

サンフランシスコ人気観光地5ヶ所の入場料込み!
ケーブルカー、バス、地下鉄に3日間乗り放題!
観光地にて、チケット売り場に並ばずスイスイ入場できる! など
サンフランシスコ旅行の際はぜひ活用してみましょう!

f:id:airtrip_staff:20190906132652j:plain
アルカトラズ島から見たサンフランシスコ。分かりますか?この坂道!

<食事編>
写真でお楽しみ下さい!どれも美味しくお酒が進みます
◆フィッシャーマンズ・ワーフのレストランでダンジネスクラブ(カニ)は必見!

f:id:airtrip_staff:20190906132635j:plain
カニ ※11月中旬から6月頃までがシーズンと言われてようです。
f:id:airtrip_staff:20190906132638j:plain
f:id:airtrip_staff:20190906132631j:plain
f:id:airtrip_staff:20190906132617j:plain
f:id:airtrip_staff:20190906135547j:plain
ソノマはワイナリーがたくさん♪

以上、簡単にはなりますが紹介でした★
日本から直行便もあり観光・食事も想像以上でした!
オススメします!♪

www.skygate.co.jp

ドバイ観光 初級編

f:id:airtrip_staff:20190818083904j:plain
ドバイ観光 初級編


みなさん、こんにちは!エアトリの海外ツアーCS担当です!
今回は2泊5日でドバイ研修に行って参りました。
週末のショートトリップや、ストップオーバーのふらり旅にもおススメ!
近未来都市ドバイをご紹介いたします。

f:id:airtrip_staff:20190824120248j:plain
CAさんとエアトリさん


エミレーツ航空さんからのサプライズで、往路はビジネスクラス体験。
窓3つ分が一人分の席です。

前の席に足がぶつかるどころか、、、足が届かない。
搭乗後、すぐにウェルカムシャンパンサービスいただきましたが、
グラスの下にはパーソナル冷蔵庫があり、ジュースやミネラルウォーターが入っていました。

何気に渡された、機内アメニティは高級ブランド『ブルガリ
女性用と男性用があるようです。

緑のはエコノミークラス、白いのはビジネスクラス女性用ブルガリ


シートをフルフラットに倒してベッドメイキングしてゆっくり眠る、、、
はずでしたが、正面の大きなモニターの他に、タブレットもあり
機内Wi-Fiも使えるので、ついつい夜更かし。

エミレーツ航空のHPから事前に自分のスマートフォンにプレイリストを作れるサービスがあります。
エミレーツ航空HP
https://www.emirates.com/jp/japanese/experience/inflight-entertainment/

あっという間に、朝焼けのドバイ到着。


f:id:airtrip_staff:20190824130246j:plain
東京(羽田・成田)も大阪もドバイ着は早朝になります


研修では10軒のホテルと、主な観光スポットを見てきました。


~近未来感のダウンタウン

*バージ・カリファ
ざっくり言うと、スカイツリーの上に東京タワーが乗っかているくらいの高さです。
展望台は、展望台は124~125階の「At The Top」と148階「At The Top Sky」と2つあり
こちらの写真は「At The Top」からの眺めとなります。
展望台の入場料金は、シーズン、曜日、時間によっても異なります。
私たちは、通常の入場券で朝8時半から並びましたが(約3,900円)、
午後~夜の方が人気で、料金も高く、並ぶ時間も長いそうです。
非常に人気のスポットなので、時間のない方は優先入場のチケットを検討した方が良いと思います。

f:id:airtrip_staff:20190817153320j:plain
世界一高い展望台(高さも、入場料も・・・)
眼下に見えるビルが東京タワーくらいの高さです。
水色のプールの中に見える渦巻は、毎晩無料で開催されている
ドバイ・ファウンテン(噴水ショー)の水の吹き出し口です。


展望台の中には写真のスポットがあり、長い行列ができていました。

f:id:airtrip_staff:20190820191127j:plain
摩天楼を飛んでいるよう?


バージ・カリファの入り口は、ドバイモールの中にあります。

f:id:airtrip_staff:20190820221420j:plain
東京ドーム23個分の広さ! 
ドバイモールはギネス認定、世界一大きなショッピングモールです。
ハイブランドファストファッション、高級レストラン~スーパー、水族館、スケートリンクなんでもありです。
たくさんお買い物しそうな方は、VAT(付加価値税)還付についても確認しておいてくださいね。
Tax Free shopping | Planet


ドバイ・ファウンテンの時間になると、モールで買い物や食事をしていたお客様も
プールの周りに集まってきます。
音楽に合わせて舞い上がる噴水と、プロジェクションマッピングで華やかに輝くバージ・カリファは圧巻です。

f:id:airtrip_staff:20190820224604j:plain
一番高い水柱は東京タワーと同じ高さだそう



~エキゾチックなオールドドバイ~

ドバイ博物館や、モスクなどアラビア文化を感じられるディラ地区。
ドバイクリーク側から市場へ行く場合、アブラという渡し船に乗って移動します。片道1ディルハム(約30円)

f:id:airtrip_staff:20190820222513j:plain
乗っているのは5~10分程度  気持ちいい~

*スパイススーク
アラビアンな雰囲気の市場を歩くと、陽気な店員さんに声をかけられます。
サフランは日本で買うよりかなりお安かったです。
絨毯や、ラクダのぬいぐるみ、アラビックなお土産物屋さんもたくさんありました。

f:id:airtrip_staff:20190817175650j:plain
カラフルなスパイス  味の想像がつきません


*ゴールドスーク
ゴールドだけではなく、シルバーや赤サンゴのお店も多数あり
日本では見たことのないようなアクセサリーがディスプレイされていました。

f:id:airtrip_staff:20190820223159j:plain
どんな時に身に着けるのだろう?


~オシャレなビーチエリア~

JBR(ジュメイラビーチレジデンス)

高層マンション(レジデンス)とホテルと商業施設がビーチ沿いに立ち並んでおり、
ビーチにはパラソルが広がっています。

f:id:airtrip_staff:20190823120812j:plain
東京で例えるならここは「お台場」でしょうか

f:id:airtrip_staff:20190823120933j:plain
オシャレなショップやカフェ。平日も賑わっています。


*マリーナエリア
夜にはクルーズ船でこのエリアの夜景を楽しむことができます。

f:id:airtrip_staff:20190823122420j:plain
アラブの伝統的な木造船「ダウ船」のディナークルーズ
今回私が乗ったのは、オールディーズな音楽を楽しみながらのブッフェディナークルーズでしたが、
クルーズ会社によっては、クラブ風の音楽で盛り上がっているものもありました。
昼間見たレジデンスも、明かりがつくと全く別の景色のようでゴージャス!

f:id:airtrip_staff:20190823124252j:plain
約2時間かけてマリーナエリアを巡ります


ブルーウォーターアイランド
今年(2019年)ドバイに新たにオープンした人工島、ブルーウォーターアイランド。
ダウ船クルーズからも、その一部が見られます。
そのシンボルの一つ、「ドバイ・アイ」大観覧車。
今まで世界一大きかった「シンガポールフライヤー/165m」を抜いて、210mの世界一大きな観覧車が2019年中にオープン予定です。

f:id:airtrip_staff:20190823125620j:plain
お台場の観覧車の約2倍の高さだそうです

f:id:airtrip_staff:20190823130329j:plain
シーザーズパレスホテルからみた「ドバイ・アイ」


~デザートサファリ(砂漠ツアー)~

実は私は、他の国でデザートサファリを体験済だったので、
4WDの車がどれほど無茶苦茶な運転をしてお客さんを楽しませるのかは想像がついていました。
ですが、「砂漠ツアーはどこも同じ」というのは間違いでした。
ここでしか体験できない体験盛沢山で、コストパフォーマンス高いです。


f:id:airtrip_staff:20190823132613j:plain
急発進、急ハンドル、危険運転の連続。酔いやすい方は薬を忘れずに

日没時間に合わせたオプショナルなので、季節によってスタート時間が変わります。
4DWでお客さんを楽しませたあとは、見晴らしの良い(砂の)丘の上に車を止めサンセット鑑賞。
夕日と反対側には、遠くオマーンの山脈まで見えました。

日が沈んだあとは、デザート内のビレッジへ移動。

ビレッジの中の食事、アトラクションは基本ツアー代金に含まれています。

f:id:airtrip_staff:20190823134640j:plain
ラクダの乗り方からレクチャー
ラクダは一回前に大きく傾いてから立ち上がります~。振り落とされないように!

f:id:airtrip_staff:20190823141950j:plain
ヘナタトゥー 10日くらいもちます。
日本に戻ってからタトゥーが残っていると問題あるかたは、「肩」や「足」でお試しいただいてみては?
絵柄は、女性は主にお花、男性はコブラなど描かれていました。


f:id:airtrip_staff:20190823141423j:plain
オリジナルなお土産を作りたい方は早めに見てね(これは有料です)
好みの容器に、好きな色合いで砂のオブジェを作ってもらえます。


f:id:airtrip_staff:20190823142533j:plain
水たばこ体験 吸い方もレクチャーしてもらえます。
水たばこのフレーバーも数種類用意されており、私はアップル味に挑戦しました。


f:id:airtrip_staff:20190824103843j:plain
ブッフェディナー  ここではアルコールも飲めます
プランにもよりますが、私たちが参加したコースはフリードリンクだったのでアルコールも飲み放題!
ドバイはライセンスのあるレストランでしかアルコールは飲めず、高いです。。。。(ビール1杯 2,000円というお店もありました)
バーで5~6杯飲むくらいの料金で、オプショナルに参加できるので、ここで5~6杯飲んだほうが全然お得じゃない!?(吞兵衛の発想)

f:id:airtrip_staff:20190824125713j:plain
月の光の中でベリーダンスショー

ショーが終わると周りのお店の明かりが消え、星空観賞タイム。
帰りは、砂漠の中も平たんな道を走るのでご安心ください。


~おまけ~

*お土産

「中東のゴディバ」と呼ばれている「patch(パッチ)」のチョコレートは
種類も多く、どれも可愛らしく高級感あり。
まだ日本にお店はありません。
デーツ(ナツメヤシ)のチョコレートはスーパーでも売っていてリーズナブル。

f:id:airtrip_staff:20190824114609j:plain
空港でも購入できますが、ドバイモールの方が種類は豊富です


*レモンミントジュース

ホテルのウェルカムドリンクなどで、冷たいレモンミントジュースを出されることがあります。
暑い外から戻ると、ひときわ美味しく感じました。
カフェにもよくあるメニューだそうなので、ドバイに行ったらお試しください♪

f:id:airtrip_staff:20190824160713j:plain
日本のレモンジュースよりもさっぱりしていて、ハーブティーよりもコクがある感じ


ドバイのベストシーズンは、10月~11月、2~3月です。
今から計画立ててみてはいかがでしょうか?!

www.skygate.co.jp

絶品グルメ!絶景!が楽しめる済州島

みなさん、こんにちは!エアトリのCS担当です!
今回済州観光公社と大韓航空主催のツアーに参加してきました!


なんと!!!
到着したその日がちゅうど梅雨入り初日・・・
雨が降っていましたが気温はわりと高めで、ジメジメしてる感じでした。


観光編とグルメ編でご紹介させていただきます。


★観光編

1日目の観光スポットは大きく2つ!
・挟才海水浴場(ヒョプチェビーチ)を眺めておしゃれなカフェで一息

f:id:airtrip_staff:20190822200201p:plain
f:id:airtrip_staff:20190822201835p:plain


済州島にはかなりの数のカフェがあるそうです。
訪れた際には、あまり日程を詰め過ぎず、ビーチを眺めながらカフェでのんびりと過ごされてみてはいかがでしょうか☕️🍰


・HALLASANの焼酎工場

f:id:airtrip_staff:20190822200345p:plain

f:id:airtrip_staff:20190822200412p:plain

お酒好きにはたまりません!
度数の違うお酒を飲み比べる試飲やグッズ販売もあり楽しめます!


2日目は3箇所の観光スポットへ。

とその前に、、、
新羅ホテルでヨガ体験をしました。
(通常は宿泊者限定のオプションになります)
体動かすのが好きな方はぜひ!!

f:id:airtrip_staff:20190822200500p:plain
f:id:airtrip_staff:20190822200527p:plain


・城山日出峰を眺められるスェワコッ乗馬場で乗馬体験
f:id:airtrip_staff:20190822200910p:plain
f:id:airtrip_staff:20190822200940p:plain

乗馬クラブ近くのクァンチギ海岸からは日出峰を眺められ、最高のフォトスポット!
砂浜でみかんを売ってました。味見で1粒いただきましたが、とっても甘かったです。

f:id:airtrip_staff:20190822201022p:plain
f:id:airtrip_staff:20190822201321p:plain

・みかんの産地 ハヒョ村(パンギュルダン)で地元の方々と韓国伝統のお菓子作り体験
f:id:airtrip_staff:20190822201055p:plain
f:id:airtrip_staff:20190822201118p:plain


・東門市場
済州島の中で1番大きな市場です。
B級グルメ、ショッピング等を楽しむことができます。
市場でもみかん🍊みかん🍊みかん🍊でした笑

f:id:airtrip_staff:20190822201431p:plain
f:id:airtrip_staff:20190822201518p:plain


3日目は仕事の商談会でしたので、
観光スポットには行けませんでした(笑)

商談会ではどうしたら日本の方に済州へ来て頂けるかを済州道内企業の方々と商談しました。



★グルメ編


絶品グルメ特集!!!
今回食べたグルメは、、、

・焼き魚定食(サムチュンネ 『パダントゥル』)

f:id:airtrip_staff:20190823212454j:plain

・かさごの煮付け(ボクスンイネ)

f:id:airtrip_staff:20190823223825j:plain


・黒豚焼肉、サムギョプサル

f:id:airtrip_staff:20190824095525j:plain
f:id:airtrip_staff:20190824095628j:plain

・アワビの釜飯(チョンボクヨリ 『オウヌル』)

f:id:airtrip_staff:20190824095709j:plain


メインメニュー以外にたくさんの一品物が出てくるのは韓国ならではですよね。


チェジュのお魚は新鮮でとても美味しいです!


初めてのチェジュ。
とても楽しかったですし、ご飯もとっても美味しかったです

電車がないので移動が大変かもしれませんが、バスやタクシーがたくさんあり、ショッピング等は徒歩で行けるようなホテル街もたくさんあります!


ぜひチェジュへ行かれてみてはいかがでしょうか〜
www.skygate.co.jp

常夏の楽園!パラオ旅行記

みなさん、こんにちは!エアトリの海外CS担当です!

今年の7月にパラオに行ってまいりました。


数百もの島々からなるパラオ共和国
そのうちの445もの島々が「ロックアイランド群と南ラグーン」として世界複合遺産に登録されております。
日本統治時代も歴史に持つ、親日国家パラオの魅力をたっぷりご紹介いたします!


パラオへはチャイナエアラインを利用し、台北(桃園空港)乗り継ぎにて向かいました。

f:id:airtrip_staff:20190901145343j:plain

チャイナエアラインは、フライト時間が各3時間半~4時間でフライト疲れが少なく、
夕方にパラオ到着となりますので、到着日からパラオの夜を楽しめます!



さっそく、月に2回行われる『ナイトマーケット』へ!

ちょうど、中央のステージでキッズショーをしていました。

f:id:airtrip_staff:20190901145558j:plain
パラオキッズ可愛すぎる~!

他にも、ローカルのみなさんと交流したり、屋台の食事や買い物を楽しむことができます。
地域の盆踊り感が強めのナイトマーケットです笑


ちなみに、ナイトマーケットはコロール市内中心地にあり、
近くには、テレビでもよく取り上げられているコウモリのスープがいただけるレストラン『MOGMOG』があります。
(見た目がかなりショッキングなので写真は控えさせていただきますが、挑戦される方は是非・・・!私は勇気が及ばずでした・・・笑)




さて、ここからはパラオならではの体験!
陸のアクティビティ海のアクティビティをご紹介いたします!


陸のアクティビティ

『ガラスマオの滝』
全長約30m・幅37mもあるパラオ最大の滝です!

滝に行くには片道40分ほどのジャングルトレッキングを行います。
必ず動きやすく濡れてもいい服装で行ってくださいね!


それでは、トレッキングスタート!

f:id:airtrip_staff:20190901145953j:plain

いたるところで、これは道なのか?と思うほどの山道と、ほぼ沢登りに近い川沿いをトレッキングします。
トレッキング中は、南国ならではの植物や生き物に触れたり、空気がきれいな木陰で休憩したり。

自然を感じつつ楽しんでいましたが、灼熱の暑さと滑りやすい足元に神経をすり減らし、そろそろ体力が限界〜!!


と思っていた矢先、ついに到着!!


f:id:airtrip_staff:20190901150417j:plain
ド迫力

この距離からでも水しぶきがミストのように飛んできてとっても気持ちがいいです。
写真ではお伝えしきれないのが残念ですが、水の迫力と天然のミストがキラキラとしており、まさに圧巻です!

ちなみに、滝つぼに入ることも可能ですので、滝に打たれたり裏側に入ってみたり、トレッキングの疲れを癒しましょう。

そしてなんといっても、片道40分といえど味わえる達成感!
アウトドアがだいぶご無沙汰な方(私)には、久しぶりの感情が味わえるかと思います笑


『アイライ・バイ』
アバイ(バイ)と呼ばれる歴史的建造物です。
昔は、女人禁制の伝統的な集会所として使われており、有事の際にも村の要人を集め、話し合いが行われていたとか。

f:id:airtrip_staff:20190901151111j:plain
草葺屋根と壁面が特徴的です

こちらのアイライ・バイは、1890年代に建てられたとされており、現存する最古のアバイと言われています。

周辺には、昔使われていた戦争カヌーを収容しているカヌー小屋や、近代的なアバイもあり、パラオの歴史を間近で感じるカルチャーツアーをすることができます。




海のアクティビティ

パラオといえば?『ロックアイランドツアー』!!

今回は、パラオ旅行には絶対はずせないロックアイランドツアーに参加しました。


ボートをびゅんびゅんと走らせ数十分。
景色がとっても素敵なのに風で目が開かない・・・。無理やりこじあけて期待を膨らませます。


まず最初に到着したのが、

ミルキーウェイ
海底に美容成分を含んだ石灰石が沈殿しており、天然の泥パックを体験できます。

f:id:airtrip_staff:20190901153513j:plain
乳白色の海にうっとり

さっそく泥をぬりぬり。
美容効果を期待しまくってます。
手の届かないところはみんなでぬりぬりしあいます。

f:id:airtrip_staff:20190901153918j:plain


ひとしきり塗り終わったら、そのまま海にダイブ!!

f:id:airtrip_staff:20190901154042j:plain
効能はいかに!!

あれれ?さっそくお肌が・・・!?
となるかは、是非ご自身で確かめてみてください!



次に到着したのは、

ジェリーフィッシュレイク
その名のとおり、クラゲがたくさん生息している湖です。
ミズクラゲとタコクラゲが生息しており、見たことのない幻想的な光景が広がります。


クラゲは無毒ですので、優しく触れることも可能です!
※一部、皮膚の薄いところはご注意ください。

f:id:airtrip_staff:20190901154834j:plain

本当に名前負けしていないほどたくさんのクラゲと戯れることができました。
特に、1円玉にも満たないほど小さな赤ちゃんクラゲがとーっても可愛かったです!



最後に向かったのは、

ロングビーチ
満潮の間は一見普通の海なのですが、干潮のタイミングでのみ長い砂浜が出現するロングビーチ
潮の満ち引きによっては姿を現すことのない、自然が織り成す神秘的な現象です!


少し早く到着したので、砂浜がじわ~っと出てくるのを待ちます。

f:id:airtrip_staff:20190901161410j:plain

写真では分かりにくいですが、実はこのあたり、足の踏み場がないくらいに所狭しとナマコがおります!
海がきれい過ぎる証拠ですよね!!


そしてついに・・・


f:id:airtrip_staff:20190901161559j:plain
じゃ~~ん!

砂浜が奥まで続いてるのがわかりますか?
潮の満ち引きは日によって異なりますので、このように綺麗に見れる確率は数十%程度なのだとか・・・。
わーい!ラッキー!


このほか、スポットでシュノーケリングを2回ほどしました。
泳ぐのは得意ではないのですが、驚くほどの魚の数を目にし、本当に時を忘れるほど楽しんでしまいました。
運がよかったのか、ウミガメやサメも見ることができて大大満足でした~~!


また、パラオはダイビングでも有名です。ダイバーの聖地とも言われていますよね。
抜群のロケーションで行うダイビング・・・。どんなに素晴らしいことでしょう!
次回パラオを訪れた際は、絶対にダイビングをすると心に決めております。


番外編

ドルフィンズ・パシフィック』
水族館のようにイルカショーを楽しむ目的ではなく、
イルカの生態や能力をはじめ、環境保護の大切さや生命の尊さなど、イルカやイルカを取り囲む環境について理解を深め、触れ合う施設です。

イルカと触れ合える様々なアクティビティがあります。

f:id:airtrip_staff:20190901163321j:plain

初めてイルカに触れましたが、ツルツルのゴムのような手触りでキュキュっとしていました。

f:id:airtrip_staff:20190901163534j:plain
イルカって水色じゃないんですね~




さて、ここからはパラオを代表するリゾートホテルをご紹介いたします!

せっかくリゾートに行くならホテルにもこだわりたいですよね。
絶対にはずさないおすすめホテル2選をご紹介いたしますので、是非ご参考にしてみてください!


パラオパシフィックリゾートホテル』
アラカベサン島に位置し、多種多様な客室を提供しているリゾートホテル(以下、PPRと省略)

PPRといえば、水上バンガローで有名ですが、今年の5月にNEWオープンしたプールヴィラがとっても素敵です!

なんといっても、プライベートプールから水上バンガロー越しにみるサンセット!!

f:id:airtrip_staff:20190901165510j:plain
極上のひとときを体験できます



客室も素敵です。

f:id:airtrip_staff:20190901165309j:plain

この他、ウォークインクローゼット・オーシャンビューのバスルームも完備しております。



ちなみに、私はオーシャンフロントルームに宿泊しました。

f:id:airtrip_staff:20190901165935j:plain

こちらもバルコニーから眺めるサンセットは至福です。

PPRは、プライベートビーチを所有しており、辺りは大きな隔たりもないので、
宿泊するだけでパラオ有数ともいわれる綺麗な夕日を見ることができるのです!!


大人なリゾート旅を求める方におすすめです!



パラオロイヤルリゾートホテル」 
マラカル島に位置し、周辺を海で囲まれている大型のリゾートホテル(以下、PRRと省略)

今回宿泊したのは、リニューアルした大人気のデラックスオーシャンルームです。

f:id:airtrip_staff:20190901172402j:plain

ベッドルームとバスルームに隔たりがない開放的で独特な客室です。
もちろんスライドドアで仕切りを作ることもできます。


バルコニーからの景色もすばらしいです。

f:id:airtrip_staff:20190901172728j:plain


PRRは、ホテル内に桟橋があり、そこからロックアイランドツアーなどに参加することが可能+帰りもすぐにお部屋に直行することができます!
日系のホテルのため、スタッフのホスピタリティも申し分ありません!


マリンスポーツもホテルステイもどちらも楽しみたい方におすすめです!



ちなみに、PRRと同じマラカル島にあるセミカジュアルレストラン『マリーナカフェVITA』では、
パラオの食材を使ったイタリアン・フレンチの創作料理を堪能できます。

f:id:airtrip_staff:20190901173723j:plain
日本人シェフが料理長です!

パラオの食材を生かしたお食事は本当にどれも絶品なので、パラオにお越しの際は是非行かれてみてください!




さて、とうとう帰国の日がやって参りました。

復路は乗り継ぎで台北にて1泊となります。
まだ公共交通機関も営業している時間に台北到着となりますので、簡単に市内に向かうことができます。

私の旅程では、翌日の台北発のフライトが夕方でしたので、帰国日は朝から台北半日観光をしました!

みなさんも、あえて台北での乗り継ぎ時間を長くし、帰国前に台湾式マッサージで旅の疲れを癒したり、絶品の台湾料理に舌鼓なんていかがでしょうか?


チャイナエアラインを利用すれば、パラオへ夕方着・現地夜発となりますので、余すとこなくパラオを満喫できることに加え、台北滞在も可能なのです!
一度の旅行で2ヵ国の旅の思い出を作れるのは魅力的ですよね。

f:id:airtrip_staff:20190901222732j:plain
パラオ、とってもおすすめです!



みなさんいかがでしたか?
少しでもパラオの魅力を知っていただけましたでしょうか。


「綺麗な海で泳ぎたい!ダイビングをしたい!」
「手つかずの大自然を存分に味わいたい!」
「ハネムーンでリゾートに行きたい!」
「喧騒から離れたリゾートでゆっくり大人な旅をしたい!」


それ、すべてパラオで叶えてみませんか?


エアトリプラスではお好きな航空券とホテルを組み合わせることが可能です。
お客様好みのパラオ旅行を是非エアトリで!

www.skygate.co.jp

香港から始まる、3か国巡りの旅!

www.skygate.co.jp

こんにちは!エアトリの海外ホテル販売担当です!

5月下旬に3泊4日で香港・マカオ深センに行ってきました。

 

高層ビルが印象的な香港ですが、まだまだ開発中の土地もたくさんあり、

2年前、現在、2年後で景色がまだまだ変わっていくようです。

また、マカオ深センへは陸路でさくっと行けるので一緒に巡るのがおすすめです。

 

何度行っても飽きない国 香港と、気軽に行ける2都市をご紹介させていただきます☆彡

 

 1日目

 今回はキャセイパシフィック航空を利用し、羽田空港から出発。

出発までの時間はキャセイパシフィック航空のラウンジにて朝食をいただきました。

 

f:id:airtrip_staff:20190822170306j:plain

定番のワンタン麺と、某ホテル監修のフレンチトースト♪

(2回食べれるほどおいしかったのですが、機内食もあるため1回で我慢・・・)

機内は、コンテンツも充実しており快適なフライトでした!

初めての香港でしたが、過ごしやすい気候で安心しました。(※ただし館内は冷房が強烈なので羽織れるものの持参は必須です)

 

今回の宿泊は、人気エリア「尖沙咀」のザ ロイヤル パシフィック ホテル & タワーズ (香港皇家太平洋酒店)

各部屋には、ハンディフォン*1がついておりとても便利。

ショッピング街も徒歩圏内でとってもロケーションの良いホテルでした!

 

2日目

この日はマカオへ。

出国は自動ゲートで楽に手続きができました。

バスかフェリーで行くのですが、今回はバスで2018年10月に開通した「港珠澳大橋」を通って向かいました。(全長55㎞のとっても長い橋!バスで1時間もかかるので、出発前に化粧室へ行きましょう。)

f:id:airtrip_staff:20190822152434j:plain

バスのチケット販売機

f:id:airtrip_staff:20190822152444j:plain

いざ。マカオへ。

f:id:airtrip_staff:20190822181111j:plain

↑「港珠澳大橋」にて。・・遠い。

 

さて、マカオへ上陸したわけなのですが。

ここで自分の大失態に気付きます。

私は今回、香港のWi-Fiルーターしか借りてこなかったのですが・・はい。マカオでは使えません。(もちろん、明日行く深センでも使えません)

陸路移動できるので忘れがちですが、香港・マカオセットで訪れる方はご注意を!!

 

f:id:airtrip_staff:20190822153435j:plain

8の字観覧車:ゴールデンリール

マカオにたつホテルはどれも外装に圧巻です・・・。

ホテルに観覧車が・・・しかも8の字・・!?

 

元々ポルトガル領ということもあり、市街にはどこかヨーロピアンな印象も。

f:id:airtrip_staff:20190822153712j:plain

ランチもポルトガル料理をいただきました♪

食器もおしゃれで可愛かったです!

f:id:airtrip_staff:20190822152655j:plain

 

午後は香港へ戻り、2019年3月にできたばかりのローズウッド 香港 を視察させていただきました。

80%以上がハーバービューのラグジュアリーホテル。

スイートルームは窓もたくさんあり、景色も抜群でした。

f:id:airtrip_staff:20190822152628j:plain

  バスルームも広く、某有名メーカーのドライヤーは全室に設置されているようです!

f:id:airtrip_staff:20190822152715j:plain   f:id:airtrip_staff:20190822152533j:plain

 

3日目

 この日は高速鉄道を利用し、深セン(中国)へ。

西九龍駅→福田駅(所要時間48分)へ移動します。西九龍駅は滞在ホテルから近く、徒歩15分くらいの距離でした。

f:id:airtrip_staff:20190822153432j:plain

中国にいくので今回も出国手続きを行います。

マカオへ行ったときと異なるのは、入国審査も香港で行ってしまいます!

なので到着後の手続きは不要です。

高速鉄道は、とても新しく無料Wi-Fiもあり快適でした。

深センは、日本でいう秋葉原のようなところで、大規模電気街で有名です!

今回は華強電気街を訪れました。

大型ショッピングセンターもあり、女性も退屈しません!

f:id:airtrip_staff:20190822153516j:plain

男性陣に人気の高かったドローン

  

f:id:airtrip_staff:20190826192057j:plain

電気街らしい、コードの大量販売(iPhoneのケーブルが3股になっているものもありました。。!)

※ちなみに、昨日の通りWi-Fi無しでの滞在でしたが、中国ではよく利用するSNSがほぼ利用できないので数時間の滞在であればWi-Fi無しでも問題ありませんでした。

 

夜は香港にて夜景を見ながらの中華ディナー。

目新しかったのは、こちら。

f:id:airtrip_staff:20190822152521j:plain

乞食鶏に火をつけ、ハンマーで割って中のお肉をいただきます。

これがメインのパフォーマンスのようで、大盛り上がりでした!

 

そして、これを見たかった!!!

シンフォニー・オブ・ライツ!

毎晩20時に開催されます。ビルの電飾やレーザーが音楽に合わせて変わり、圧巻でした!

f:id:airtrip_staff:20190822152702j:plain

  (あいにくの天気で霧が・・・)

香港島側と九龍側両方で楽しめます!(九龍側での鑑賞がオススメです)

 

 

最終日

夕方の便での帰国。空港でゆっくりする時間があったので、ご招待いただいたキャセイパシフィック航空のラウンジ巡りをさせていただきました。

なんと香港国際空港には、キャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジが4つもあります! (他にファーストクラスラウンジが2つあります。)

  1. 「ザ・ウィング」:6階、ターミナル1の1から4番ゲート付近
  2. 「ザ・ピア」:6階、ターミナル1の65番ゲート付近
  3. 「ザ・デッキ」:7階、ターミナル1の6番ゲート付近
  4. 「ザ・ブリッジ」:5階、35番搭乗ゲートおよびターミナル内の連結シャトル乗車口付近

入場時に再入場スタンプを押してもらえば、複数のラウンジを利用可能です!

おすすめは、「ザ・ピア」!とにかく広く、お料理・ドリンクもとっても充実していました。シャワールームはもちろん、ヨガスペースもあります!

30分くらいしか滞在できなかったのが悔やまれます・・もっといたかった・・。

※「ザ・ブリッジ」以外はヌードルバーがあるようです!!

f:id:airtrip_staff:20190822152930j:plain

 

 最後に・・

とっても魅力的な香港!いかがでしたか?

3泊4日で香港のみを満喫するも良し、3か国を周遊するも良し。

まだ行ったことない方も、行ったことある方も是非訪れてみてください♪

 

f:id:airtrip_staff:20190822153448j:plain

(・・・・・ローズウッド泊りたいなあ・・。) 

 

 

 

 

 

 

*1:ハンディフォン:テザリングWi-Fiを利用でき、香港内への電話も無料でできます!

台南・高雄の魅力を体験!

こんにちは。
エバー航空台湾観光局共催の台湾南部施策旅行に参加してきました。
この研修は、2019年ランタンフェスティバルの開催地に決定している屏東県と、台湾の離島である小琉球にも 訪れる台南の魅力満載の内容でした。
また現地の宿泊先ホテルにもご協力をいただき、ホテルでのインスペクションも含まれ盛りだくさんの研修でした。

さて、旅の始まりはびっくり!ビジネスクラスで優雅にスタートです。
しかもラウンジも利用させていただき、エバー航空さん!ありがとうございます!!

キャビンは広々、機内食もとても美味しく、ツアーへの期待が膨らむ一方です。
CAさんの対応も丁寧で、快適な空の旅を過ごすことできました。

f:id:airtrip_staff:20190827100600j:plain
エバー航空

1日目は高雄空港に到着後ホテルへチェックイン、早速台湾の京都と呼ばれる「神農街」へ移動。
台南市で人気の観光スポットで、清朝時代から続く古い建物が並んでいます。
ノスタルジックな雰囲気の漂う街並みで、お洒落なカフェやレストランが所狭しと並んでいて、老若男女問わず街歩きが楽しめそうなスポットです。

f:id:airtrip_staff:20190827102244j:plain
神農街

2日目、先ずは「四草緑色隧道」です。
マングローブが生い茂る水辺を船で見学できるちょっとしたアトラクション感覚の観光が楽しめます。
カニなども生息していて、台湾のアマゾンと呼ばれているそうです。
台南市内からちょっと離れていますが、台南に訪れたら是非とも行っていただきたいスポットです。

f:id:airtrip_staff:20190827181422j:plain
四草緑色隧道

次に訪れたのは「安平古堡」です。
台湾城とも呼ばれているそうで、1624年に建設された台湾で最も古い城です。
当時の城壁がそのまま残されている箇所もあり、全体的に赤みがかった建造物が歴史を感じさせました。
城の中には建立から衰退までの経過などのパネルや模型もあり、台湾の歴史にちょっとふれられた気分です。
歴史に興味がある方は是非足を運んでみてください。

f:id:airtrip_staff:20190827192036j:plain
安平古堡

続いて訪れたのは「安平古堡」からほど近い(徒歩で移動可能)「安平樹屋」です。
廃墟にガジュマルが絡みつき、建物全体を覆う姿はジブリの人気アニメ映画の世界観っといった感じです。
神秘的な空間で、自然の生命力を感じる、他ではなかなか体験できない観光スポットです。
このような建物が普通に街中に存在する台南はすごい!

f:id:airtrip_staff:20190827192111j:plain
安平樹屋

後半戦は高雄に異動です。
「打狗英国領事」を訪れました。
「打狗英国領事」は台湾で最も古い洋館です。
台湾にいながらにして英国を訪れた気分になる領事館は港に面していて、デートスポットとしても有名です。
敷地内の高台には展望スポットがあり、ここからの夕日は最高とのこと。
残念ながらサンセットを見ることはできませんでした、、、
時間に余裕のある方は是非とも日没時間に合わせて訪れてみましょう。

f:id:airtrip_staff:20190827195331j:plain
打狗英国領事

次は趣向が変わり建築物の見学です。
美麗島駅」の構内はモニュメント的な作りになっていて圧巻です。
輪廻転生をイメージして作られており、人や動物の生い立ちを表現したステンドグラスを見上げると感慨深いものがあります。
世界屈指と言われるステンドグラスを是非とも見に行ってください!

f:id:airtrip_staff:20190827195745j:plain
美麗島

ここからは仕事モードに戻り、ホテルでのインスペクションです。
素晴らしいホテルをご用意いただきました台湾観光局さん、ありがとうございます!!
グランドハイライホテル(漢來大飯店)は、豪華なラグジュアリーホテルです。
スタッフのホスピタリティーも高く、とても快適でした。
客室はもちろんパブリックスペースも清潔感があり、アロマがたかれているのでとてもリラックスできます。
屋上のプールも優雅で、街歩きに疲れた体のリフレッシュには最高です(入っていませんが、、、)。

f:id:airtrip_staff:20190827200219j:plain
グランドハイライホテル(漢來大飯店)

3日目は2019年ランタンフェスティバルの開催地「屏東県」からスタートです。
「台湾の南洋」と呼ばれる「屏東県」は、ヤシの実が茂りまさに南国。
ランタンフェスティバルに向けて開発が進み、お台場のような雰囲気があり、若者たちでにぎわいそうな感じでした。
この地でランタンが舞う光景は素晴らしいものになるでしょう。

f:id:airtrip_staff:20190827200823j:plain
ランタンフェスティバル会場

いよいよ「小琉球」です。
東港からフェリーに乗り約50分で「小琉球」に到着。
かなり揺れるので気分が悪くなった方も何名か見受けられましたが、、、
「小琉球」では奇岩見学や洞穴見学、ジャングル散策に寺院参拝と盛りだくさん。
小さい島ながら、これだけの見所があることには驚かされました。
島の方々はとても気さくで、居心地も最高!短い時間でしたが大満足です。
個人ではなかなか来ることが難しいですが、港まで来てしまえばフェリーに乗り、到着したら港前にあるレンタルバイクやレンタルサイクルを借りて、島中を観光できます。
フェリー乗り場には免税店もあり、お買い物もできてしまう万能の島です。
行って損のない「小琉球」、勇気を出して訪れてみましょう!!

f:id:airtrip_staff:20190827202031j:plain
フェリー

f:id:airtrip_staff:20190827201821j:plain
琉球

f:id:airtrip_staff:20190827201956j:plain
烏鬼洞

f:id:airtrip_staff:20190827202259j:plain
森林散策路

f:id:airtrip_staff:20190827202907j:plain
寺院

大満足の3泊4日の台湾南部施策旅行。
台南の魅力とパワーを実感した旅で、もっと多くの方々にこの地を訪れていただきたいと感じました。
台北とは違い時間の流れがゆるやかで、南国特有の穏やかさがあります。
このような貴重な機会を提供してくださったエバー航空さん、台湾観光局さん、本当にありがとうございました。
台湾の魅力を多くの方に知っていただけるよう販促に役立てます。

このブログをご覧の皆さま、是非とも台湾・台南を訪れてみてください。
街の趣、自然のパワー、南国での癒しを体験しに!

www.skygate.co.jp